白髪染めの前に揃えるもの

白髪染めに必要な道具

白髪染めに必要となる道具を紹介したいと思います。
一度用意しておくと、次からはとても便利ですね。

・白髪染め本体(ヘアカラーやヘアマニキュアなど)
・手袋(本体に付属されてるもので良いです)
・ケープ(洋服などを汚れから守ります)
・タオル(汚れても良いタオル、首に巻いておくと良いです)
・ティッシュペーパー(皮膚についた時にすぐに拭き取れるように)
・時計(手が汚れるので見やすい物、放置時間を見るため)
・鏡(手鏡より、固定されたものやスタンドタイプの物。薬剤の付き   具合など確認)
・クリーム(薬剤が付きやすい生え際を保護するため)
・輪ゴム(手袋などのズレを防ぐために固定)
・新聞紙(部屋でされる場合、床に使用)
・ブラシ(薬剤を均一に伸ばすために必要)

・イヤーカバー(お好みで)
・ヘアクリップ(髪の多い方は必要です)


以上が白髪染めに必要となるものです。

ヘアクリップは髪をブロッキングするために使います。
髪の長い人や、多い人はブロッキングしてから始めると
むらなく染める事が出来ます。

イヤーカバーは、ビニールタイプの耳をすっぽり覆うものです。
美容院でも必ず使用しています。クリームでも代用できますが、
イヤーカバーを用意しておくと無難です。簡単に手に入りますよ。









白髪染めで注意すること

白髪染めを始める前にかならずすべての道具を揃え
身の回りに配置しておきます。

一度塗布を始めると薬剤が垂れたりと簡単に身動きが
とれなくなります。
手の届く位置に置いておきましょう。

白髪染めでの一番の注意点は前開きの洋服の着用です。
白髪染めの後は必ずシャンプーで薬剤を洗い流します。
首を通すものだと薬剤が洋服につくという心配があります。

前開きの洋服やケープを着用してから開始してください。

必ず、白髪染めに添付されている取扱説明には目を通しておき、
塗布後の放置時間もチェックしてきます。
染めむらが出来ないように、塗布を始めたら手際よくすすめていきましょう。