白髪染めの種類について

ヘアカラー

白髪染めにはいろいろな種類があります。

皆さんも良くテレビなどで耳にするヘアカラー。
こちらは一度髪のメラニン色素を脱色してから、髪を染める方法です。

ヘアカラーは、一度他の髪も脱色しますので、
色が入りやすく、しっかり白髪が染まります。
白髪意外の髪と馴染みやすいですのが特徴です。

しっかり染まる反面、髪や頭皮への負担が多く髪がぱさすくなど傷みやすいというデメリットがあります。

いろいろある白髪染めの中で、一番効果が長持ちするのは
ヘアカラーになります。















ヘアマニキュア

ヘアマニキュア。
こちらもCMなどで耳にする事が多いですね。
ヘアカラーとの違いは脱色はせずに、
髪の表面に直接染料を入れる方法です。

ヘアマニキュアは、色の脱色がないので、
髪への負担が少ないのが特徴になります。
髪への艶と潤いも残るので、艶やかな髪をイメージ
されてる方はヘアマニキュアがいいですよ。

肌が弱い方やパッチテストで何らかの反応が出た方は
ヘアマニキュアの方が肌や髪への負担が減りますのでおすすめです。
表面だけに染料を入れるので、シャンプーの度に少しずつ
色が落ちてきます。色持ちが1ヶ月ほどと効果が短いのが
問題点です。









白髪の一時染め

一時的に白髪を染める方法もあります。

髪の毛の生え際などだけ白髪があるという場合に
便利なのが、スティックタイプ。
もちろん髪の痛みも気になりません。
旅行などのちょっとしたおでかけなどにも対応できます。


全体的に白髪がある方におすすめは、直接髪を染色するスプレータイプ。
簡単に白髪を染める事ができます。
半日〜1日効果が持続します。

一時的なものはシャンプーをする事で、すぐに落ちてしまいます。
効果は持続しませんが、ヘアカラー後に伸びてきた
根元の染色にもおすすめです。

シャンプータイプもあります。
シャンプーをすることで染色されるので、根元の色の違いが
出ることもありませんが、効果が出るまで時間がかかります。
しっかりとした染色をお求めの方にはおすすめできません。