パッチテスト

パッチテストについて

白髪染めに限りませんが、必ず取扱説明書では
パッチテストをするように記載されています。

このパッチテストとは何でしょうか?

白髪染めの成分でアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますのでアレルギー反応が起きないように事前に皮膚でチェックする事です。

アレルギーは皮膚がかぶれたりするだけではなく、呼吸困難などの症状が出る方もいらっしゃいますので必ず行うようにしてください。

白髪染めを何度も使用した事がある方も毎回のパッチテストをする事をおすすめします。
同じ白髪染めでもその時の体調や、体質の変化でアレルギー反応が
出る場合もあります。

パッチテストは症状が出るまで時間がかかる場合もあるため、染める2日前(48時間前)に行います。







パッチテストの方法

一般的な白髪染めのパッチテストの方法です。

まず、使う予定の白髪染めを準備します。
綿棒と脱脂綿も用意しましょう。


使用する白髪染めによって違いますが混ぜあわせるものは
別容器で混ぜ少量のテスト液を作ります。

テスト液を綿棒に取り、腕の内側に適当な量を塗ります。
必ず薄く塗りましょう。

薬剤を自然乾燥させます。
この時に時間が経っても、乾かない場合は厚く塗りすぎの可能性がありますので脱脂綿で拭き取ってください。

乾いた後は、48時間(2日間)観察します。
30分ほど経過した後、皮膚の状態を確認しましょう。
何も変化がなければそのまま様子を見ます。

基本的に何度も確認する必要はないですが、途中で肌に異常が
現れる場合がありますので、確認をしてください。

最後は48時間後まで確認します。

もし、48時間の間で、皮膚がかぶれたり、赤くなったり、痒みが出た場合はすぐに腕を洗い流してください。

パッチテストを行い、異常が見られない場合は白髪染めは基本的には使用可能ですが、その日の体調などでも皮膚や体の状態が変わりますので、異常がでた場合はすぐに使用をやめ、薬剤を洗い流してください。